O脚について

足を揃えてまっすぐ立った時に、膝の間に隙間がある状態がO脚と呼ばれています。

O脚には、骨や関節の変形による矯正できない「構造的O脚」と、普段の姿勢、歩き方のクセが原因の「姿勢的O脚」があります。姿勢的O脚は、膝のお皿が内向きになって膝の裏がつっぱることでおこります。「構造的O脚」はご高齢の方に多く、「姿勢的O脚」は若い女性の方に多く見られます。

また、O脚は見た目だけでなく、体にも以下のように様々な不調をおこすことがあります。
①脚の付け根の動・静脈が圧迫されて血流が悪くなり、冷えやむくみの原因になりやすい。
②長年にわたり膝の内側に負担がかかり、将来的に変形性膝関節症になりやすい。



整体・カイロプラクティックの適用度

骨の変形によるO脚は矯正できませんが、日本人に多い「内股」が原因であるO脚には整体・カイロプラクティックは非常に効果があります。「姿勢的なO脚」は矯正を行うことによって、膝の間の隙間を狭めると共に、下腿(脚の膝より下の部分)のアウトラインを美しく見せる効果があります。



当院では

当院では、筋肉の調整とラバーチューブ矯正により、膝がまっすぐ前を向けるようにしていきます。
また、自分で意識できる姿勢のとり方と、矯正の体操も取り入れ、O脚の改善を目指します。

矯正期間は年齢、症状により異なりますが、10~20回で約2ヶ月が目安です。
矯正終了後は、普段の姿勢を気を付けていただく事により、再びO脚になることを防ぎます。

※自分のO脚が矯正できるのかどうか判らない方は、当院の無料カウンセリングをお勧めします。
 簡単な検査を行い、どの程度の矯正が可能かを説明いたします。



お問い合わせ・ご予約   03-3327-7957